す、すごい…10㎝のアナルプラグを受け入れる人妻、志織さん!

閲覧注意!

アナルフェチ以外は見ちゃダメ!

本物のアナル拡張ドキュメンタリー大作!

↓動画を見るならこちらをクリック↓

タイトル 「マゾ人形に堕ちた人妻_10センチアナルプラグ挿入」
主演女優 志織
メーカー名 三和出版
監督 不明
画質 864×480pixel

今回の作品「マゾ人形に堕ちた人妻_10センチアナルプラグ挿入」は投稿モノのようです。

しかし、「素人の趣味程度だろ?」なんて思わないでください。

このカップルは本気でやばいやつでした!

まず、本編では目の周りにモザイク処理があるため、顔がわかりません。

ですが、声から察するにキレイでおしとやかな雰囲気を感じ取れます。

経験人数2人の人妻だったらしいのですが、納得です。

調教されてアナルの拡張を行ったとのことで、10年の成果が本作品でおさめられてます。

「10㎝アナルプラグ挿入」東京都言う形で。

観ている途中で、「調教?なのか?これはもう修行のレベルでは?」と思いました。

まず、10㎝のアナルプラグというものは、正直、長めのデンマレベルだと思ってました。

本編に出てくるのは、「立派なカブ」レベルです。

幾度となく、「えっ?入るの?は、入った!」「あっ!出た出た!」の感動を繰り返しましたね。
成人男性の両手も入ります。

志織さん、10年間ですごいことになりましたね…

しかも、痛がる様子はないんです。

むしろちゃんと感じているようで、アナルは性感帯というレベルを越えて、性器なのかという新たな認識まで覚えそうです。

このカップルはほんと、すごいなぁと尊敬せざるを得ません。

信頼関係の中から10年間継続した調教の末、体得したスキル…

それが、秘技「10㎝アナルプラグ挿入」なのでしょうか。

野外でのパフォーマンスも、リアルな感じを残しつつ、見せ方がお上手です。

信頼関係がなせるワザですね。

私の個人的な見解からですが、抜けるかどうかというと抜けませんでした。

どちらかというと、「YouTubeのすげー動画」を観たときに近い感覚です。

洋物でたまにあるスカルファックや、「これ合成じゃね?」みたいなものをたまに見かけますが、本作は違います。

「リアル」ですし、なにより「センス」を感じさせる内容。

さらに、10年における調教の結果を披露しているところから、もはや、修行のドキュメンタリーではないかと思いました。

よくある「なんか汚い」「気持ち悪い」と感じるような表現内容ではなく、尊敬を生むこの作品は、ある意味「良作」だと思います。

ただ、私はぬけませんでした!

「アナルにでかいプラグが出入りしている!」→「やべぇ!エロい!」と感じる方!

その感覚があるなら、この作品はおすすめだと思いますよ!

それ以外の方でも、「すげーな!」となること間違いなし!

ご興味持たれた方はぜひチェックしてください!

>>動画本編を見るこちらから

タイトルとURLをコピーしました